キャッシングやカードローンを利用してお金を借り入れる場合、必ず受けなければならないのは審査です。 即日融資とはその名の通り即日に融資してもらう事が可能、他の業者では断られてしまうということも少なくありません。 逆に言えば、断られてしまった業者があったからといって、すぐに諦める必要はないことも分かります。

また、複数の業者に申し込んでいても、そのことだけを理由に断られてしまうことは通常ありません。 業者が審査を行う際に重視しているのは、申込記録ではなく借入記録の方だからです。 したがって、過去に借り入れていて返済でトラブルがあったような場合は注意が必要になります。

きちんと返済できるかをみている

キャッシングやカードローンに申し込む際には、きちんと返済することができるかどうかがチェックされる わけですから、年収などの条件は非常に重要です。 年収が低い人よりも高い人の方が利用できる可能性があるのは当然だといえます。 しかし、審査でチェックされるのは年収だけではありません。

たとえば勤務先がどのような規模か、正規雇用なのか非正規なのか、勤続年数が長いかどうか、といった 点が重視されています。次に信用情報機関のデータには過去の利用状況が保存されていて延滞履歴や問題が あれば審査に通らないことがあります。それ以外にもその人の資産や扶養家族などの情報も審査の対象になる こともあり、キャッシングやカードローンの審査は、総合的に判断されています。

※どのような人が通らないのでしょうか?審査に通るポインとは?⇒審査に通るポイント

審査項目の重要度

では、どんな項目が審査基準になっているのでしょうか?ウエイトの高さを表にしてみました。

審査ウエイト
年収 年収に関しては約200万円を境にして審査が通りにくくなると言われています。

借入状況 現在の借り入れ状況※や今まで返済に遅延があるかどうか
※総量規制法(年収の1/3を超えた借り入れはできない)で定められた借り入れ内であること。

勤務先 勤務先は大手企業か中小企業、自営など収入安定性というところで有利で、もちろん大手企業が有利となります。

雇用形態 公務員、サラリーマン、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、専業主婦(世帯収入あり)、フリーターと順番に審査は厳しくなります。

借入件数 借入金額にもよりますが3件目では審査は不利になってきます。

勤続年数 勤続年数が多いほどよく、1年未満では不利になります。

年齢 下は20歳、上は安定した収入が見込める60歳を境に不利になっていきます。

住居形態 持ち家でも住宅ローンの返済が厳しいと判断されれば不利で、賃貸住宅であっても収入に応じた家賃であればこちらの方が有利になります。

家族構成 独身よりも既婚者、一人暮らしよりも家族と同居が有利です。

固定電話 以前は必須でしたが、今では携帯電話で問題ないです。あれば審査に有利に働きます。

一部分の条件を満たしていても、他の部分で引っかかってしまうと審査に通らない事があります。「業者間で審査に違いがある」というのはこういうとこにあります。
さらに詳しく見る⇒

キャッシングとカードローンの審査は違う?

キャッシングとカードローンは、どちらも同じようなものという印象を受けます。
しかし、ところどころに違いがあることを理解しておく必要があります。
きちんと違いが分かっていれば、どちらを利用するのが自分にとって有利になるかを判断することができ、 返済時の負担を軽減することが可能になるのです。
両者が大きく異なっている点としては、返済方法が挙げられます。
一般的に、キャッシングは一括払いで返済するのに対し、カードローンは分割払いで返済することになります。
つまり、一括で返済できる少額の借入をしたいときはキャッシング、大きな金額を借り入れたいときはカードローンを 利用するのが便利だといえます。
ですので審査といった面では多少違いがあるようですが、審査項目で大きく違うということはありません

ただし、キャッシングにしろカードローンにしろ返済するに当たっては利息も支払わなければならず、特に分割で 長期間の返済をすると返済総額が膨らんでしまうので注意が必要です。
自分の返済能力をきちんと見極めた上で、きちんと返済することができる方法を選ばなければなりません。