急に数万円ほどのお金が必要になったけれど、生憎給料日前なので持ち合わせがない、そのような時には即日融資のキャッシングがお勧めです。担保も保証人もなしで、審査時間が30分程度と短いため、午前中に申し込むと、お昼ごろにはお金を借りることができます。また、お昼ごろに申し込んでも、夕方までには借り入れが可能です。

申し込みはまず、店舗の窓口に行って、申し込み用紙に必要事項を記入し、本人確認や収入証明の書類と共に提出します。店舗に行く時間がない時は、ネットから申し込むこともできます。ネットの場合は、金融機関のサイトにある、申込み用のフォームに必要事項を入力し、書類はFAXを使うか、画像化してアプリを使って送ることになります。

利用の際に注意すべきこと

審査に通ると、お金の借り入れができるようになります。ネットから申し込んだ場合は、メールで審査結果が通知されます。またネットからの申し込みの場合は、銀行口座にキャッシング分を振り込んでもらえるので、キャッシュカードで、ATMから引き出すことができてとても便利です。

この即日融資は、ほしい時にお金を借りられるのが大きなメリットですが、その反面、普通のキャッシングよりも金利がやや高めになりますので、その点には注意したいところです。それとはまた別に、注意しておく点があります。それは、消費者金融を中心として展開されている点です。しかし、なぜ消費者金融が中心だと、注意しなければならないのでしょうか。それは総量規制があるという点です。

総量規制に引っ掛かる場合には

総量規制というのは、消費者金融独自のルールで、本人の年収の3分の1に当たる金額を、限度額として定めるものです。借り過ぎや多重債務を防ぐのが主な目的で、2010年に施行された改正貸金業法に、初めてこれが盛り込まれました。消費者金融でのすべての借り入れに適用されますので、場合によっては新規の借り入れが不可能なこともあります。

しかし、限度額に引っ掛かるけどお金を借りたいというような場合は、総量規制対象外の業者を利用する方法もあります。また、銀行のカードローンやキャッシングを利用することも可能です。なぜ銀行なら可能なのでしょうか。それは、銀行の場合は貸金業法ではなく、銀行法の適用となりますので、総量規制が存在しないからです。

まとめ

急にお金が必要になったけど持ち合わせがない、そのような時には、即日融資のキャッシングがお勧めです。担保も保証人もなしで、審査も30分程度で終わりますので、昼ごろまでに申込めば、その日のうちに借りることができます。

ただ審査が短い反面、通常のキャッシングよりもやや金利が高めになります。それから、消費者金融が中心になっているため、総量規制がある点にも注意しましょう。総量規制の限度額を超えて借りたい時には、総量規制対象外の業者、または銀行がお勧めです。

即日融資可能な会社一覧はこちらへ