現在の日本では融資をお願いしたい無職の方はたくさんいらっしゃいます。むしろ融資をお願いしたい人が多いのが現状です。収入がない状態で急な出費が必要になることは当然起こりうる事態です。

即日融資のポイントとは

融資を得るためのポイントは、無職になってからの期間です。期間の空いていない人は、働く意欲があるとみなされて融資の可能性は上がります。しかし、期間が空いているとなると問題です。働く意欲はあるのか、返済は可能なのか、厳しくチェックされてしまいます。この状態で即日融資を受けるには、一定収入を得ることが大切です。

雇用形態にこだわらずに、アルバイト、パートで収入を得ることが大切です。これが難しいとなれば日雇いのアルバイトや派遣登録するなど、収入を得ることに対して意欲があるということを示していかなければなりません。金融機関での申し込みは基本的に対面式で行います。以上で述べたことを実践し、店頭で審査を受け、信頼を得られるよう努力することが必要です。

家族がカギとなります

専業主婦など、配偶者に収入がある場合は、即日融資の可能性が上がります。家族の収入がカギとなるので、両親に収入がある場合も審査に通りやすくなります。しかし、家族に融資を受けることを知られたくない方も多いです。金融機関の中には、申し込み欄に両親の収入や配偶者の収入を記載するのみで大丈夫な機関もあります。

ですが厳しい金融機関が多いのが実際なので、数は少ないですが上記の金融機関も存在するのは確かなので探してみるのも一つの手です。金融機関での申し込みには必ず身分証の提示が求められます。申し込み、審査が緩い機関であったとしても、返済できない場合は家族や配偶者に連絡がいきます。借りる際は、現在収入がなくても、返済プランをしっかり考えてから申し込みすることが審査を通るうえで最も重要となります。

年金受給者でも借りられるのか

年金受給者といっても、日雇い派遣や、短期のアルバイトを経験している年金受給者の方は多くいらっしゃいます。少しでも収入があれば融資の可能性は上がります。また、無職でも年金さえ受給していれば大丈夫です。金融機関の中には年金を収入とみなして融資を受けてくれる業者もあるのです。

消費者金融のカードローンは年金受給者の年齢まで申し込み可能な会社が多いです。消費者金融の中でも中小規模な消費者金融では年金を収入とみなし、融資を行っている業者も存在します。現在の日本では年金のみで余裕のある老後を過ごすのは難しいのが現状です。ですが、融資は返済計画をしっかり立てた上で、金融機関や消費者金融を使うようにすることが大切です。

まとめ

無職の方の即日融資は、パート、派遣などで少しでも収入を得て、働く意欲があることを示すことが重要となります。家族がいる方は、家族の収入があれば融資の可能性は上がります。金融機関の中には家族の収入を書くだけで申し込みができるところも存在するので、家族に融資を知られたくない人は探してみるのも一つの手です。

また、融資を受けたい年金受給者の方に対しては、年金を収入とみなし融資を行う業者もあります。ですが、申し込みの際は返済プランをしっかり立てて、返済する意欲があることを金融会社や消費者金融に示すことが融資を受けるのに大切です。

即日融資可能な会社一覧はこちらへ