学生が利用出来る条件

最近は銀行や消費者金融で簡単にキャッシングを受けることができるようになりました。キャッシングとは主に無担保でお金を融資してもらうことを意味しますが、今は即日融資ができるところが多くなり、便利な世の中になりました。 この商品は正社員やパートでお勤めされている方だけでなく、学生でも利用することが可能ですが、一般の方とは多少異なった条件がついていきます。

まず1つ目の条件として、必ず長期のアルバイトをしていることがあげられます。短期のアルバイトをしている方も多いですが、この場合はお申し込みをすることができません。またアルバイトの派遣会社をお勤め先として申告される方もいますが、このような場合もお申し込みできません。務めた日数はそれほど関係ありませんが、必ず長期で働くということが前提となります。

キャッシングの最高限度額について

また、最高限度額においても条件があります。たいていの金融機関では、10万円程度の最高限度額を設定しているところが多いといえます。しかし金融機関によっては、別の審査基準で限度額を設定しているところもあります。

例えば、アルバイトの月収を最高限度額と設定する金融機関があります。つまり、毎月の平均月収が7万円ほどであれば、その人の限度額は7万円と設定されているということです。

このように学生の場合は限度額が低く設定されていますが、そもそもこのような方が申告する利用目的はレジャーや友好費がほとんどで、しかも申し込み金額も数万円と言われる方がほとんどなので、限度額に不満を持たれる方は滅多にいらっしゃいません。

在籍確認の方法について

次に在籍確認について述べさせていただきますが、どんな方であれ、自宅とアルバイト先の在籍確認は必ず必要になります。実家にお住まいの方であれば、自宅は留守番電話やコールのみでも、携帯電話で話すことができれば問題ありません。しかし1人で暮らしている場合は、自宅に固定電話を置いている方が少ないため、実家に電話をして、一人暮らしをしていると言う確認をとる場合もあります。その他に、郵便物等で自宅の住所を確認させてもらう場合もあります。このような在籍確認とアルバイト先の在籍確認がとれれば、問題ありません。

このように、限度額の条件と自宅やアルバイト先の在籍確認がとれれば、即日融資を行う事は可能です。もちろん無人契約機を利用することは出来ますし、銀行振り込みを依頼することも出来ます。

まとめ

最近は金融機関で即日融資を行うところが増えてきていますが、学生でも利用することは可能です。

このような方の場合、限度額が最高でも10万円程度であり、長期でアルバイトをしていることが条件となりますが、自宅とアルバイト先の在籍確認がとれれば、基本的にキャッシングを受けることは可能です。ただし、一人暮らしをしている場合は、実家での在籍確認が必要になるなど、一般の方とは少し異なった在籍確認をとることもあります。 しかし、このような条件をクリアすれば問題なくキャッシングを受けることが出来ます。