現役を引退して年金生活に入ると、どうしても今までとは生活スタイルが変わってきます。もちろんそれまでの貯蓄と年金で安定した生活はできるでしょう。しかし祝儀や家の修繕、介護など、急な入用の時は年金だけでは対応できないことがあります。そのようなときには即日融資を受けられるキャッシングが頼りになるでしょう。キャッシングは返済計画さえしっかりできていれば安全なものです。現在では個人でも一時的な資金繰りのためにキャッシングを行う人も増えているようです。

急な出費に役立つのが即日融資です。必要な分だけ当日に用立てることができます。消費者金融が得意とする分野でしたが、最近では三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など銀行でも取り扱いが増えて来ました。

条件は年齢と安定した収入

さてそこで気になるのが、年金受給者は融資を受けられるのかということです。やはり融資というと職についてないと受けられないイメージがあります。

融資を受けるためには、安定した収入が必要です。年金は安定した収入と言えそうです。しかし多くの金融機関では、年金以外の収入が無い場合はキャッシングをすることができません。大手の消費者金融は、年金以外の収入があることを条件にしています。つまり仕事を持っていれば年金受給者でも融資が受けられます。

一方銀行では年金収入のみでキャッシングができるところがあります。 しかし即日融資の条件として、年齢の制限もあります。金融機関によってばらつきはありますが、おおまかには、消費者金融は69歳までカードローンを組むことができます。銀行では65歳、66歳までの制限がほとんどです。65歳以下のうちならば、将来の年金収入を見込んで銀行で融資を受けられるということになります。

年金担保貸付事業に申し込む

ここまでを確認しますと、年齢が69歳以下で年金以外の安定収入がある方は、年金受給者でもキャッシングをすることができます。また、年齢が65歳以下ならば年金収入のみを担保にして融資を受けられる可能性があります。 このように年金生活者がお金を借りることは、可能ですがいくつかの条件があります。また70歳以上になるとまず借りることはできません。

どうしても必要な場合は、独立行政法人福祉医療機構が行う年金担保貸付事業に申し込むことができます。 これは年金を担保にしてお金を借りる仕組みです。額は大きくありませんが、使い道に制限は有りませんので、検討してみると良いでしょう。年金から返済することになるので返済計画が重要です。

まとめ

年金受給者が即日融資を受けるにはいくつか条件があります。まずは年齢です。消費者金融系ならばおおむね69歳、銀行系ならばおおむね65歳が上限になります。 また消費者金融系では年金以外の安定した収入があることが審査を受けるための条件です。いくつかの銀行では年金収入のみで融資を受ける道が開ける可能性ものあります。 民間のカードローン意外でしたら、年金担保貸付事業に申し込めば年金収入のみの方でも融資を受けることができるでしょう。