金額や借入先によって無利息の期間は変わる

最近では期間限定ではありますが、無利息でお金を貸してくれる消費者金融も増えてきています。利息がつかない期間は借入先の消費者金融や借りる額によって違ってきます。 いくら借りたいのか?どのくらいの期間で返済できそうか?などを考慮して無利息で利用できるキャッシングやカードローンを有効活用して行きましょう。

無利息期間を利用する条件

  • 利用日ではなく契約日からの期間内となる場合もある
  • 借りる金額によって無利息の期間が変わる場合もある(30日〜180日)
  • 1週間程度なら何度借りても無利息が適用される場合もある

少しわかりにくいのですが、契約日と利用日の違いについて説明しておきます。 契約日とは審査を通過して、契約内容の範囲内の金額であればいつでもお金を借りられる状態になることです。 一方、利用日とは審査を通過して契約が完了して、いつでもお金を借りられる状態になってからの、実際にお金を借りた日ということになります。

無利息で借りられる期間

業者別 期間
(税別)
無利息となる対象 無利息期間適用外の利率
A社 契約日から30日間 初回契約時のみ 4.9%〜18%
B社 契約日から30日間 初回契約時のみ 4.5%〜17.8%
C社 契約日から30日間〜180日間 初回契約時のみ 4.5%〜18%
D社 利用日から7日間 何度でも 4.9%〜18%

無利息期間内にも返済日はある

無利息期間内は返済しなくてもいいと考えている人も多いので説明しておきます。 無利息期間とは、あくまで利息がつかないというだけの期間であり、元金の返済はしなければならないということです。 当然無利息の期間内であっても返済日はやってきますし、契約内容に従って返済日には決められた額を返済しなければなりません。

無利息期間内であれば返済が遅れても利息が付かないので、最終的な返済額が増えるということはありませんが、今後他の金融機関を利用するときの審査に響く事にもなりかねませんので、 返済できるだけの余裕があれば、しっかりと返済するべきでしょう。

借りる金額と審査について

消費者金融や銀行などの金融機関と契約してお金を借りる場合には審査があるのですが、借りる金額によって審査の基準が変わってきます。 多くの金融機関は、50万円以下の借入額であれば本人確認の書類(身分証明書)のみで審査を受ける事ができますが、50万円を超える額を借りたいとなると収入を証明する書類の提出が必要となってきます。

身分証明書として認められるもの(どれか一つでOK)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 健康保険証
  • etc…

収入証明として認められるもの(どれか一つでOK)※50万円以上借りたい場合は必要

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • etc…

必要書類

お金を借りる時の審査を受ける為に必要な書類は、各金融機関によって多少違いはありますが、だいたいの場合は上記に記載されている内容のもののコピーを提出すればOKです。 50万円を超える場合には収入証明が必要となる場合もありますが、借入先によって収入証明が必要になってくるラインが違っていて、 100万円以上の場合・200万円以上の場合・300万円以上の場合と様々です。

消費者金融で借りる場合は50万円以下が収入証明不要となる場合が多く、それ以上の額で収入証明が不要となるパターンは銀行系となる場合がほとんどです。

関連記事