少しだけお金が必要な時

皆さんは、5万円以下の少額のお金が必要な時どうしているでしょうか。 毎月地道にコツコツと貯金する人なら貯金を引き出して対処というのが当然の流れですよね。 しかし貯金が苦手で毎月その月々でやりくりをしている、という人はそうはいきません。 今月はあまりお金が残っていないけど、欲しいものがある。パチンコなどのギャンブルで熱くなって使いすぎてしまった。 等々すごく困っているわけではないにしても、ちょっとだけお金が足りないなんてシーンもあるかと思います。

友人知人にお金を借りたいと話してみる

「ちょっとお金が足りないから貸してくれない」と知り合いに頼んでみたとします。 すると十中八九「どうしてお金が必要なの?」という質問が返ってくるでしょう。 しかしお金を借りる理由がパチンコやパチスロ等のギャンブルに使いたいという理由だったら大体の人はお金を貸してくれません。 それは他の理由(例えば欲しいアクセサリーがある等)だったとしても返答は同じでしょう。

貸してくれない理由としては「趣味や道楽に使うお金なら来月まで我慢しなよ」という答えがほとんどです。 しかし、お金を借りたい理由が「今月の生活費がピンチだから」や「予定外の出費で支払いが間に合わない」などだと貸してくれる人も多いでしょう。 なぜ頼まれた人はお金を借りる理由聞きたがり、その理由次第で貸すかどうかを決めるのかというと、 あなたのお金に対する考え方や返済能力を見極めようとしているからなのです。

例えば友人の結婚や出産が重なり、予想外の出費(ご祝儀)が重なって生活費が足りないとなったとしましょう。 その場合に友人にお金を貸してくれるよう頼んだ場合、「普段はきっちりお金の管理が出来ている人である」 「しっかりと返済してくれる可能性が高い」と判断されるわけです。

しかし、ギャンブルに使いたいからお金を貸して欲しいという理由や趣味に使う物が欲しいという理由だった場合、 「お金にルーズな人である」「返済の可能性が低い」と判断されるわけです。 例えあなたがお金のことにはきっちりしていて、約束の期日までにはきっちり返すタイプの人間だったとしてもです。

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言いますが、 まさにその通りにその人との間に気まずい空気が流れてやがて疎遠になっていくという事態にもなりかねません。 お金の貸し借りというのは友情や愛情などの絆も簡単に壊してしまうほど危険なものだという事がお分かり頂けたと思います。

消費者金融でお金を借りる

消費者金融と聞くと怖いものというイメージの人も多いかと思いますが、実はそんなことはありません。 上記で述べたような「お金のことにはきっちりしていて、約束の期日までにはきっちり返すタイプの人」であれば、 ノーリスクでお金を借りることもできるのです。

なぜリスクがないのかというと、○○日間無利息という制度がある消費者金融も多いからです。 消費者金融のリスクと言えば利息だけであると断言できます。 怖いというイメージを持っている人のほとんどは「返済が滞り雪だるま式にどんどん借金が増えていく」というイメージが強いかと思います。

しかし5万円以下の少額を借りるだけなら約1ヵ月〜半年間(会社によって期間は異なる)の間は、 利息が全く付かないという消費者金融があるのです。 利息が付かないということは、借りた額(5万円ならきっちり5万円だけ)をそのまま返すだけなので、友人にお金を借りるのと大差ありません。

しかし5万円以下の少額を借りるだけなら約1ヵ月〜半年間(会社によって期間は異なる)の間は、 利息が全く付かないという消費者金融があるのです。 利息が付かないということは、借りた額(5万円ならきっちり5万円だけ)をそのまま返すだけなので、友人にお金を借りるのと大差ありません。

消費者金融でお金を借りる際の注意点

上記で消費者金融でお金を借りる場合はノーリスクと述べましたが、それはあくまで 「お金のことにはきっちりしていて、約束の期日までにはきっちり返すタイプの人」 の場合に限ります。それも少額を借りたい場合のみです。

友達にお金を借りても返すのが遅れてしまうことがよくあるという人は返済期日を絶対に守るという意思が必要です。 最初は軽い気持ちでお金を借りることも出来ますが、返済期日は絶対です。 多少返済が遅れても、最初は少しの利息が付く程度で済むのですが、一度返済が遅れることに慣れてしまうと、 その後もずるずると返済しないという状況になってしまう可能性もあるからです。

そうなってしまうと、消費者金融は怖いと言うイメージを持っている人のイメージ通りに、 雪だるま式に借金が増えて、最後には手が付けられないという状況に陥る可能性もあるのです。 なので、消費者金融を利用する際には自分が返済期日を守れる人なのか?という事をしっかりと考える必要があります。