在籍確認

在籍確認とは、金融機関からお金を借りる際に申し込み内容に記載された内容と現在の勤め先が一致しているか ということを確認する行為です。 申し込み内容とに不備がないことが確認されれば在籍確認は無事クリアとなります。

在籍確認なしでキャッシングできる消費者金融はない

消費者金融などでお金を借りる際にはその人の年収やどこの会社で働いているのか?という事が大きな審査基準となります。 そこで本当に申請内容通りの会社に努めているのか?ということを確認するわけですが、 この在籍確認をしないと、嘘の内容で申請しても審査に通ってしまうということになるので、 消費者金融などの貸付業者は必ず会社への在籍確認をします。

問題なのは在籍確認の方法

上記で述べたように、必ず在籍確認は必須事項なので在籍確認なしで借入できる金融機関というものは存在しません。 多くの場合は金融機関から勤め先へ電話で「○○さんいますか?」という内容で在籍を確認するのですが、 この電話で確認するという方法がNGだという人が多いのです。

電話での在籍確認NGな内容としては㈪つの理由があります。 ㈰金融機関からの電話番号が通知されるので、その番号で電話対応をした会社の人に気づかれてしまう。 ㈪普段外から電話がかかってくるような業務内容ではないので、電話対応をした会社の人に怪しまれてしまう。

このように会社への電話で同僚に借金があることを知られたくないという人が多いことから、一部の金融機関では電話での在籍確認ではなく、 別の方法でのその会社に在籍していることが確認出来ればOKという対応を始めています。

電話確認以外での在籍確認の方法とは

書類での確認

在籍確認で認められる書類はいくつかの種類があって、代表的なものは社員証、健康保険証、給与明細などとなります。 そしてその書類をFAXまたはコピーして郵送するなどの方法で金融機関へ提出することができるのですが、 最近では、スマホの写真機能でそれらの書類を撮影してメールで添付するだけで在籍確認を通過させてくれる消費者金融なども出てきています。

携帯写真のメール添付の場合はしっかりと文字が読めるように撮影すること、必要な内容が画面内に収まるように撮影することなど 細かな注意点はありますが、電話確認をスルー出来る上に殆ど手間がかからないので非常に便利です。 しかし、借入申し込み額が大きくなると(具体的には50万円以上)となると電話での在籍確認を避けられないようになるので、 借りたい額によって使い分けましょう。