カードローンの利息

カードローンで借り入れをする時に気になるのは、どのくらいの利息がつくのかということでしょう。 金融機関では、利息は日割り計算にて割り出されることになっています。 つまり、借りた日数分だけの利息を支払うということになるため、早く完済できるほど利息負担を抑えることができます。

金利は1年間の利率に変換した年利で表されているため、元金と年利をかけて、借り入れ日数で割ります。 正確な計算式は、元金残高×年利÷365×借り入れ日数です。 例えば10万円を年利18%で借りたケースで考えてみます。 翌月の返済日に一括返済をする場合の計算式は、10万円×0.18%÷365日×30日=1479.452・・・となります。

小数点以下は原則切り捨てですので、利息は1479円、返済総額は101,479円です。 また、2回に分けて5万円ずつ返済する場合の計算式は、上記と同様に10万円×0.18%÷365日×30日=1479.452・・・となり、ひと月目の返済は51,497円になりますが、翌月は5万円×0.18%÷365日×30日=739.726・・・となり、残り50,739円で完済できます。

借入額、金利、借り入れ日数から自分で計算してみましょう。 また、この時にカードローン各社のHPにある返済シミュレーションを活用すると面倒な手間なく、利息の計算ができます。 カードローンを利用する前には、返済シミュレーションにて返済計画を立ててから借り入れをしてください。