借りる金額によっては貸してもらえない

消費者金融会社を利用して、お金を借りたいと考える方も多いでしょう。家族や会社に分からないように、お金を貸してもらえる点もあり利用しやすいのではないでしょうか。しかし借りる金額によっては貸してもらえないこともありますので、頭に入れておくと良いかと思います。

大きくなる場合は注意

お給料日までお金が足りない、数日の生活費を貸してほしい。上記の場合は、5万円ですとか10万円を超えることはあまりないかと思いますので問題ないかと思います。しかし事業を立ち上げることになったのでまとまったお金が必要ですとか、子供の学費が必要なのでお金を貸してほしいという際には注意したいです。金額が大きくなれば大きくなるほど、貸してもらえないケースがあることを覚えておいてください。

総量規制

消費者金融会社からお金を借りる際なのですが、いくらでも貸してくれるということではなくてルールがあります。総量規制という規則があり、年収の3分の1を超える金額を借りることが出来ないようになっています。年収300万円であれば、100万円を超える金額を借りられないのです。

これは1度に100万円ということではなくて、前回借りたことがあり返済が終わっていなければその分も含めて、もしくは追加で借りる分も含めての金額になります。また他社で借りている方も同様です。A社とB社あわせて100万円までになりますので、自身がどれぐらい借りられるか年収も確認しておいた方が良いでしょう。

上限に達さないようにする

その為、必要最低限にしておくということも重要になってくるのではないでしょうか。むやみにお金を借りてしまうと、あっという間に上限に達してしまうことも考えられます。借り入れがある方については、現在いくら借りているのか確認をしましょう。

そして今後お金を借りる方については、上限がいくらいくらまでなのでその金額内で抑えられるようにお金のやりくりをする。急にお金が必要になった時の為にも、上限に達して借りられないという状況は回避したいです。