キャッシングには、住宅ローンなどの審査においてマイナス要素になったり、無計画に借りると返済がきつくなる可能性があるというリスクがあります。

特定の目的に使用する必要がない自由な借入商品として人気のキャッシングですが、借りる際にはリスクを理解することが大切です。どの金融機関でも、借入の申し込みをする際には顧客信用データベースへ情報照会が行われますが、その時にキャッシングの借り入れ情報も照会されることになります。住宅ローンなどまとまった金額のローンを組む場合には、きちんと返済しているキャッシング商品でもプラスの影響になることは少ないということは理解しておいた方が良いでしょう。ただし、クレジットカードの申し込みをする場合には、キャッシングを利用してしっかり返済していることは「責任を持って返済してくれる人物」としてプラス評価になることはあるようです。

もう一つのリスクは、ついつい借りすぎてしまうというリスクがあります。キャッシングの上限までなら自由に借りることができますが、それに伴って返済義務が発生することは忘れずに、計画的に借りたり返済する習慣をつけることがリスク軽減につながります。