キャッシングはキャッシングカードを利用してATMからお金を引き出します。そして借りた金額に応じて利息が課されて、それを返済していくのです。お金を借りた金額が大きくなり、返済期間が長引いてしまうとそれだけ金利の負担が大きくなってしまいます。計画的にお金を借りるためにも、返済計画をしっかりと立てた上でお金を借りるのが望ましいです。少しでも金利の負担を軽減するためには、できるだけ短い期間で借りたお金を返済するように努めた方がいいです。早く返済すれば利息の負担がかなり軽くなるのです。たとえばお給料直前にクレジットカードなどの引き落としが予定されているのに銀行口座に残高がほとんどないなどのケースが生じた場合、足りない分だけを借りて、その後すぐにお給料が振り込まれることがわかっていれば、ある程度の返済のめどは立っているはずです。たとえば給料日当日がカードの引き落とし日であれば、その日にキャッシングでお金を借りておいてその日のうちにすぐに返済ということも可能でしょう。

実際にお金を借りたその日に返済した場合は、利息が発生しないことがほとんどです。そして翌日以降返済したい場合でも利息の負担はかなり少なくなると考えられるでしょう。たとえばキャッシングサービスで金利が年間0.18%のキャッシングを利用したとします。そこで20万円を借り入れた場合ですが、一日あたりの利息は約99円という計算になります。キャッシングを利用して翌日返済した場合の利息は約99円ということになりますので、利息の負担はかなり軽くなるのです。返済時の利息負担は軽減することができるのですが、手数料がかかってしまうことがあります。キャッシングの主な返済方法はATMから、口座振替、ネットバンクからの返済といった方法が選べます。基本的に決まった日に口座振替手続きを取る方が多いのですが、返済予定日よりも早く返済を行った場合はATMやネットバンクから入金するようになるため、その手数料がかかってしまうことがあるのです。