結婚式は人生の中でも重要なイベントのひとつです。本人だけでなく、家族、親せき、友人たちも思い出に残る式を期待しています。しかし、結婚には式以外のこまごまとした出費がかかります。たとえば、結婚式と披露宴は別料金ですし、ドレスの費用もお色直しの回数によっては馬鹿になりません。さらに、二次会、新婚旅行、遠方から招待した親せき・友人の交通費や宿泊費の負担、新居の費用も必要です。そして、ブライダルエステは花嫁なら絶対に受けておきたいものです。これらの費用を計算すると、平均的な結婚費用と言われている400万円では足りなくなることも多いです。

このようなときのためにブライダルローンがあります。主に銀行で提供しているサービスで、結婚に限定した費用を融資してくれます。ただ、申し込みには、式場や披露宴の見積もりの提出が必要です。新婚旅行や新居の費用には充当できることを条件にしているところもあるので、利用条件を確認してから申し込むことが大切です。さらに、ブライダルローンでは利用の制限があって面倒という場合には、用途を限定していないフリーローンの方が便利です。銀行のローンは総量規制対象外ですが、年収の約3割程度を上限にしているところが多いです。また、審査には少し時間がかかるので、時間的な余裕を持って申し込みをするとよいでしょう。

年収の3割なら、消費者金融のキャッシングのほうが審査が早いし用途が限定されていないので便利、と思う人もいますが、金利はブライダルローンに比較すると高いです。少額の場合なら差額を計算すると大した差にはなりませんが、結婚式に関わる費用となると100万円単位になることがあります。ただ、無利息サービスの期間がある消費者金融を利用すれば金利の負担が無くなります。結婚式では来賓のご祝儀が期待できるので、結婚式の後はとてもあわただしいですが、サービス期間は30日くらい設定しているところもあるので、キャッシングもうまく使えば、金利の負担なく理想的な結婚式が挙げられます。