海外旅行の目的がショッピングという人は多いです。他の目的で渡航するにしても、まったくショッピングをしないというわけにはいきません。一般には現金の携帯ですが、両替額はレートによって上下しますし、手数料がかかるので、損をしたような気分になります。さらに、多額の現金の持ち歩きは盗難のリスクを高めることから、現金の携帯はチップの払い用など、必要最低限にするのが原則です。現金の代替案として、現在広く普及しているのはクレジットカードです。スキミングや盗難の不安があるという人もいますが、盗難にあった場合には、すぐに利用を停止すれば問題は解決します。スキミングについては、カードは店員に預けずに自分で読み取り機に通す、レシートを必ず受け取って帰国後にチェックをするなどすれば比較的安全です。何かあればカード会社に確認をすれば解決できます。

クレジットカードは持参しているけれど、現地で現金の手持ちが無くなった場合には、カードに付加されているキャッシング機能を利用するのが便利です。カード会社が提携しているATM機は世界中の街角に設置されています。街角での利用が心配なら、ホテルにはたいていありますし、デパートや駅にも設置されています。日本でキャッシングするのと同様に暗証番号を打ち込むだけで現地のお金を調達できます。両替ショップでは実勢レートに上乗せされたり、手数料がとられますが、ATM機を利用すれば当日の実勢レートで換算され、ATMの利用料がかかるだけです。契約しているクレジットカードにはキャッシング枠が決められているので、際限なく借り入れをすることはできませんが、海外で現金が必要になる場所はあまりないので、不足することはないでしょう。また、キャッシングには金利がかかります。大きな額を引き出すと帰国してからの返済が大変になるので注意が必要です。返済方法はATM機に入金をするだけなので、帰国したら忘れずに返済することです。