沖縄には3大銀行の他にも多数の金融機関が店舗を出していて、キャッシングの面でも全く不自由がありません。もちろん大手銀行や大手消費者金融が本土と同じ金融サービスを提供しています。しかし将来を通じて安心してキャッシングをして行くつもりであれば、やはり地元の金融機関を一つ二つピックアップして、長いお付き合いをして見るのも良いかもしれません。沖銀のキャッシングサービスとカードローンについてチェックしてみますと、いわゆる地銀か提供しているプランでは年利10%を切るお手頃な融資も見つけられます。例えば、5万円でも20万円をキャッシングしても固定金利で同じ利息になるプランもあります。このあたりが銀行系のキャッシングの安心感につながっているのです。

ちなみに消費者金融でのキャッシングでは、10万円前後の少額融資に年利15%以上を付けて提供するケースがほとんどでしょう。つまり金利面から融資先を選ぶのであれば、やはり銀行系が有利なのです。ですが、銀行系は審査の面でハードルが高くなっていて、利用が出来ない方もいます。そこで普段から利用している沖縄の地元銀行へ申し込むメリットが出てくるのです。それは預金・貯金などの取り引きがあれば審査の上で有利になるからです。ただし融資枠の上限が低い事もありますし、使い勝手の面では融資スピードが遅かったり、身近にATMや店舗が見つからなかったり、WEBサービスが不十分であったりと不利な点があるかもしれません。

ですが、最近ではカードローン事業に積極的な沖縄の地銀も多くなっています。即日審査や即日融資のプランが登場していますので、利用面のデメリットは解消されつつあると言えるでしょう。また日本屈指の観光地ですから、レジャーや旅行中に資金ショートするといったケースにも対応しています。島内にはノンバンク系のキャッシング店舗はいくつもありますし、コンビニなどでも専用のATMが常備されていて、キャッシングの利便性は都市部と差がありません。つまり、地元の方でも旅行で来られた方でも安心してマネーケアができるという事です。