学資用のローンと迷った

仕事に生かせると思い、資格の取得と通学を考えるようになりました。 入学手続きをしたところ、7日以内に学費を納めるようにとのことです。 定期預金を途中で解約するのが気が進まず、学資用のローンを検討していました。 ただ、利率や返済期間を比較すると、カードローンの方が借りやすそうです。 自分の希望する額なら、他の書類が必要なく、運転免許証だけで申し込み手続きができることから、カードローンを選ぶことにしました。

消費者金融のコールセンターに問い合わせる

確かに金銭管理がなっていない事や、浪費癖のある人が利用する事が多いのも確かです。 しかしキャッシングを利用する人は、決してこういった理由の人ばかりではありません。 長い間生きていますと、本人にもまったく予想が付かない出来事という物が幾つもおきるものです。 その中には、急な出費を余儀なくされる出来事もあるでしょう。 そんな時、お金の捻出先として利用する人も実は結構多いのです。

キャッシュカードにカードローンの機能をつける

銀行のカードローンはどうかと、口座のあるメインバンクの窓口で問い合わせてみました。 手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能を付けることができ、審査の結果30万円までなら今日中に、まとめての貸出も可能になるという結果が出たということです。 社員証を持っていたので、その場で在籍確認が済み、30分ほどで借り入れができ、資格学校に学費を振り込めました。 半年後に借入限度額の見直しがあり、返済遅れや滞納がなければ、増額申請にも応じられるとのことで驚きました。

1年使い続けた感想

毎月きちんと返済しましたので、半年後には限度額が50万円に上がりました。 手数料無料で随時返済もできるため、元金の減りも早くなります。 コンビニのATMも使えて思い立った時にすぐに借りられますし、用途も自由なため、カードローンを選んで本当に良かったです。 借り過ぎに気をつけて、どうしても大変な時だけ借り、給料日にすぐに返すようにしています。 資格も無事に取得でき、責任ある仕事も任されるようになり、嬉しいです。