キャッシングは借金です。誰だって、借金をしていることは周囲に知られたくありません。しかし、キャッシングを利用すると『通知』といって、利用明細や在籍確認など利用したことを確認するさまざまな通知が届きます。内緒でキャッシングを申し込みできても、ここでバレてしまうケースは少なくないようです。では、この通知をオフにすることはできるのでしょうか?結論からいいますと、通知なしにすることは十分可能です。

まず、どんなことで通知が届くかチェックしておきましょう。金融機関によって多少異なりますが、『契約時の書類が届く』『振込借入をしたときに明細書が送られてこないか』などが挙げられます。これらをクリアすることで通知なしにすることができます。

契約時の書類は、金融機関の公式サイトから変更が可能です。近年はWEB完結型といって、インターネットから申し込みができるキャッシングが増えています。この場合、高確率で自宅に書類は届きません。FAXやメールなどで契約を完了できますから、周囲に知られずにキャッシングをしたい方には助かります。しかしすべての金融機関がWEB完結型を行っているわけではありません。ですから申し込みをする前にしっかりチェックしておきましょう。しかしインターネットから申し込みができる場合、ほとんどが自宅に書類を届けず契約を完了することができます。

『キャッシングのカードが自宅に届いてしまう』と心配な方は、無人契約機や店舗を利用すると安心です。申し込みはインターネットで行い、カード発行時のみ無人契約機や店舗で受け取るようにします。そうすると、自宅にカードが届かないので安心です。

もっとも多いのが利用明細の通知です。なかには、キャッシングをするたびに通知が届くところもあります。その都度通知が届いてしまっては大変です。この場合、『WEB明細』にしておくとインターネットで利用明細の確認ができるので自宅に通知が届くことはありません。