キャッシングのおかげで面目を保てた

私は地方から出てきて東京で働いていますが、たまに地元に帰ると、同窓会やら仲間内の集まりなどがあります。 都会ではクレジットカード払いは一般的ですが、地方ではまだまだです。

そのため、週末の夜などに呼び出されて飲みに行く時など、飲み代をクレジットカードで払おうとすると、それくらい現金で持っていないのかと聞かれてしまいます。 地元ではクレジットカードより現金のほうが便利なのです。

銀行が閉まっている時間帯に呼び出しがあった場合は、もうキャッシングに頼るしかありません。 しかし、これがとても便利で自分としてはかなり気に入っています。

電話呼び出しがあってから、すぐにキャッシングの申し込みをしてコンビニのATMにいけば、お金が引き出せるし、近日中に返済すれば利息が掛からず、自分の銀行口座から夜に引き出すよりも断然お手ごろです。 地元の友達にも現金をもっていることで面目が立ちますし、キャッシングはとてもありがたい存在だと思います。