信用情報調査について

消費者金融のカードローン審査では、申込みで申告した情報をもとに審査が行われます。他社での借入金額を申告しますが、それが本当かどうか個人信用情報機関に照会をかけて情報を取得します。すると、現在の他社の借りれ状況が判明するので、どうしても借りたいから借金なしで申告したとしてもすぐに判明してしまうのです。さらに、他社で支払いが延滞している、任意整理や破産した事実があると、ブラックであるとなるので融資は断られるのです。

スコアリングシステム審査

スコアリングは、過去の膨大な申込みの統計データに基づくコンピューターによる自動審査です。申し込み者の属性が反映されており、勤続年数が長い、上場企業、正社員、社保なら属性がよいとされ限度額が高く判定されます。しかし、離職率の高い業種、収入が不安定な歩合給で働いている方は属性が低いとされ限度額が低く判定される傾向にあります。消費者金融ではこの場合、年収が高いか低いかはあまり影響せず総量規制に抵触しないか見られる程度です。

勤務先の在籍確認について

審査で勤務先への在籍確認まで進んだら、ほぼ融資決定といっていいです。在籍確認は審査の最後に行われます。審査の1番最初に在籍確認をとって、そのあとに信用情報がダメだったら何のために会社に電話したのかとなります。在籍確認では、会社に勤めているかいないのかの確認だけになります。会社に本人不在であっても、電話に出られた方が14時ころ戻ります、本日は休みですといった回答が得られれば、その会社に在籍していることになります。

まとめ

消費者金融のカードローンの審査では、信用情報調査、在籍確認、スコアリングが行われます。審査は主にこれら3つですが、細かい部分を上げるとさらにあります。ひとつ問題があると融資が受けられないので、すべてクリアする必要があるのです。