タイでのキャッシングは、いわゆる海外キャッシングになります。海外ではクレジットカードの利用があたり前になっており、ほとんどのお店はクレジットカードでしか買い物ができません。しかも、海外は何かとお金が必要になります。そのため、急な出費に悩まされることもあるでしょう。そんなとき、キャッシングができると助かりませんか?

タイには、いたるところにATMがあります。たとえ現金ゼロでタイに行き、余分な支出があっても安心です。しかし気になるのが手数料。タイでキャッシングを考えている方は、どれくらいの手数料が必要になるのか事前に調べておくと賢く利用することができます。ちなみに、2016年に150~180バーツが200バーツへ値上がりしています。今後もこのようなことがありますので、タイへ行く前にきちんと調べておいてください。銀行ATMを利用する場合、手数料は無料になります。クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合は、利用できないカード会社もありますので、こちらの確認も必要です。

安全にキャッシングを利用するポイントは、まず先にも述べた『手数料無料』を確認しましょう。タイの銀行ATMなら確実に手数料がかかりませんので安心です。次に『1回の利用上限額』が決まっているか確認してください。1日のATM利用上限数や上限金額は決まっていませんが、1回の利用上限は基本的に20,000~30,000バーツになります。また手数料を加算し、利用上限額以上のキャッシングになった場合は利用できません。そして、悪用を避けるために、人通りの多い銀行ATMを利用しましょう。

海外でのお金の扱いは慎重にならなければいけません。タイ以外でもキャッシング可能な国が増え、海外でも手軽に借り入れができるようになりましたが、利用は計画的に行わなければいけません。そして、利用した分は帰国あとすぐに繰り上げ返済・一括返済で早期完済するようにしましょう。