貸金業者の特徴について

消費者金融のカードローンを申込む場合には、各支店の窓口のほかに自動契約機のある無人店舗でも行えます。無人店舗では自動契約機の前に立つとサポートセンターとネットで繋がり、審査が行われた上でカードローンの申し込みが完了できます。そのため、無人店舗を利用すると、誰とも会わずにカードローンの契約ができるメリットが出てきます。また、自動契約機を使った審査も従来よりも時間が短縮されているため、1時間程度でカードローンが使えるようになります。

支払い利息が高くなることも

消費者金融のカードローンの審査は、銀行よりは厳しくない状況があります。しかし、カードローンの支払い利息は高く設定される傾向も出ています。とくにパートやアルバイトをしている場合には、支払金利が年率で18%と最高金利になることが多いです。そのため、非正規雇用者のカードローンの利用では、利息負担が重くなることが起こります。したがって、支払金利が高い場合には早めの返済をすることで、支払利息を少なくする工夫が必要となります。

カードローンの借入限度額

消費者金融のカードローンの借入限度額は、総量規制によって年収の3分の1までに制限がされています。そのため、年収の高い人でも借入限度額は年収の3分の1までに設定されます。また、年収が低い人では借入限度額は年収の3分の1よりも、はるかに下の金額に設定されることがあります。信用力が低い人の場合には金融機関の返済リスクが高まるために、借入限度額も低く抑えられるようになっています。しかし、従来では非正規雇用者では審査に通らないことが普通だったため、今はローンが組めるだけ進歩しています。

まとめ

消費者金融のカードローンは各支店のほかに無人店舗でも契約することができます。カードローンの審査は厳しくはないものの、支払金利が高くなる傾向があります。また、借入限度額も総量規制が適用されることもあり、銀行より低く設定されるケースが出てきます。