以前のキャッシングなどでの金利設定

むかしの消費者金融業界では、利用者に対して非常に高い金利で貸し付けを行っていました。以前はグレーゾーン金利が設定されていたために、利用者の中では年利で20%を超える利息を支払っている場合が出ています。そのため、キャッシングなどの利用者では利息を返すために、ほかの金融機関から借り入れを行う多重債務に陥るケースが起こっています。多重債務に陥ってしまうと借金は雪だるま式に増えていくことになり、最後は自己破産へと追い込まれてしまいます。

グレーゾーン金利の廃止の決定

消費者金融の利用者の中で自己破産をする人が増えて社会問題にまでなってきたことから、政府では対応を迫られることになっています。政府ではキャッシングを行う金融機関に対しては、グレーゾーン金利を廃止することを決めています。グレーゾーン金利の廃止によって、支払金利を10%台にとどめることができています。また、グレーゾーン金利分の利息を支払っていた人に対しては、過払い金として金融機関が返還する義務が生じています。

過払い金の返還請求の増加に対応

金融機関では過払い金の返還請求の増加によって、一時経営が苦しくところが多くなりました。大手の一角では過払い金の負担によって、経営破たんをしてしまうところが出ています。他の大手でも銀行の傘下に入ることで、事業を継続できる環境を得ています。また、近年においては消費者金融に対しては、総量規制が行われています。総量規制では年収の3分の1までしか借り付けができないようになっています。依然として業界においては、逆風が吹いている状況があると言えます。

まとめ

むかしの消費者金融は金利が高いために返済に困る人が多く出ています。そのため、政府ではグレーゾーン金利を廃止し、過払い金の返還を金融機関に求めるようにしています。その結果、金融機関では経営に苦しむ環境が出ています。