キャッシングの借り換えや複数のキャッシングを一本化できるプランが多数提供されています。ポイントは低金利の利息システムと返済方法の幅の広さです。特に高金利の少額融資を複数利用している方にはお得なプランだと言えます。これまで月に3度も4度もやってくる支払日に四苦八苦してこられた方も少なくないでしょう。これは金銭的な困難とともに、精神的な苦痛さえも伴うものです。そこで、高すぎる金利によるキャッシングを銀行系などの低金利ローンに一本化して、無理のない計画的な返済を確保するのは賢い選択なのです。

しかし、無作為に一本化すると不利益になる可能性があります。いわゆるおまとめローンへの乗り換えは、どの金融機関から借りるかがポイントになります。まずは設定金利をしっかりと比較検討しましょう。先ほども触れましたが、乗り換えローンの魅力は支払総額の縮小にあります。消費者金融から10万円・20万円のキャッシングをした場合、年利は18%に近くなります。ですが銀行系のお得なプランなら5%~10%で融資が受けられます。そこで細かく散らばっている借金を、全てまとめて低金利のローンに一本化すると、金利だけでも10%前後は違ってくるのです。そして返済期間も要チェックです。ご自分の支払い能力を十分に考慮しながら、適正な返済期間を決めなければなりません。つまり短い期間ですと返済しきれない危険があるという事です。

先ほどから銀行系のおまとめローンが有利と言いましたが、しかしながら審査の面では難しい事もあります。融資資格に届かない方は申し込みすらできません。今では消費者金融でも金利を絞り込んだカードローンを提供していますし、おまとめ専用のプランもあります。銀行系のカードローンがだいたい年利5%~14%の相場に対して、消費者金融のおまとめローンでは年利5%~17%となります。ただし年利10%を切るためには、融資額が200万円や300万円以上である必要があるでしょう。100万円以下の融資額では年利15%前後になるのが相場ですので、金額に対する金利を確かめてから選ぶ事が重要になります。