今月給料日まで少し厳しい、事故など予期せぬ事態が発生し決められた日時までにお金が必要になった時などに即日融資を受ける事ができるキャッシングは便利なものとなりますが、一方でリスクに該当する事も付いてきますので見ていきましょう。
まずお金を借りる時に申込用紙へ個人情報の記入を終えた後審査に入りますが、キャッシングを利用する全ての方は信用情報機関に登録される事を覚えておいてください。
この情報信用機関では個人情報から毎月の返済状況、初回申込時に記入した項目に変更があった場合速やかに届けているかなど細かな情報が管理されているのです。
毎月指定された日に遅延することなく返済していれば何の問題もありませんが、返済に3か月以上遅延が発生したりさらに大事になると事故取引と言われる自己破産や未払い、踏み倒しなど悪質なケースになると信用度はなくなりブラックリストとして掲載される事になってしまうのです。
1度ブラックリストに掲載されると10年は履歴が残るので人生の節目にあたる住宅ローンやお子さんの教育ローンなど本当のローンを組みたい時にローンを組めないというリスクが存在しているのです。
また情報信用機関では1つの業者に限らず消費者金融や銀行などの記入間でも照合することで情報を共有しているので、2社、3社と申し込む際にも過去の取引状況や借入金額、借入期間などの情報を参考に審査を行いますので条件次第では審査に通過しなかったりするケースも出てくるのです。
業者側も1枚の申込用紙の情報だけを参考にするだけでなく利用者の信用度も重要視する事からかこの取引状況から信用がおける人物であるかのかを見極めるために情報信用機関の情報を必ず参考にすることになるのです。
次に総量規制が導入され利用者が多重債務に陥るのを防ぐ目的で借入限度額に制限が設けられましたが、無計画で借りすぎてしまったりギャンブルなどに嵌ってしまうことで莫大な借金と手元には借用書だけが残ってしまう事になりますので注意が必要です。
またキャッシングをされた方の多くはキャッシングで融資を受けられた事で羽振りが良くなったり気分が高揚し、従来の生活の許容範囲を超えた支出を行う傾向が高いので、借りたお金は返済しなければいけない事を肝に銘じ何のためにキャッシングを利用したのかという本来の意味を忘れない事が大切です。
キャッシングはリスクばかりで怖いと思ったかもしれませんが、あくまで順守事項を守り返済も遅延することなく利用していれば何の問題もありませんので、間違った利用方法の裏にはこのようなリスクが存在するという事を利用する上で覚えておく事が大事なのです。