銀行とは異なる経営方針の金融機関

消費者金融というとあまりいいイメージを抱かない方が大半です。しかし、正しく活用することで生活のサポートをしてもらえますし、ライフスタイルを快適にできます。そもそも個人向けに信用を担保にして融資する、融資専門の金融機関をさす言葉です。信用を担保にするので、土地や家屋など実際に資産価値のある物を担保とはしません。顧客は一般の個人のみを相手にしていることが少なくありませんが、個人事業者なども受け付けるところがあります。

どうして他の金融機関よりも金利が高いのか

一般的に消費者金融は銀行よりも金利が高い融資となっています。理由としては、信用という目に見えないものを担保として、不動産や金融資産といった形の担保を取っていないために金利を高く設定しているからです。申請をすると大半の人は審査によって融資をしてもらえますが、銀行よりも審査がゆるく、スムーズに融資をしてもらいやすい事が知られています。小額で早く返済する場合は、無金利で融資してもらえる金融機関も少なくありません。

短期間なら無金利のところもある

少々金利が高いので、返済が大変だと感じる方もたくさんいます。しかし、消費者金融の中には、融資を受けて金融会社が設定した一定期間以内に返済すると、無金利で返済できるところも少なくありません。利用しやすいサービスとなっており、初回限定で無金利サービスをしているところや、何度借りても一定期間以内なら無金利というところもあります。様々な金融会社があるため、事前に無金利期間を確認してから活用することが重要です。

まとめ

消費者金融は信用を担保にして融資する、融資専門の金融機関といえます。目に見えない信用を担保にしているため、他の金融機関よりも金利が高いのは事実です。但し、企業が設定した一定期間以内に返済を完了すると、金利になるサービスをしている企業もあります。