怖いというイメージはもう古い

これまで利用をした経験が一度もないと、カードローンに消費者金融のイメージを重ね合わせ、借りるのが怖いものという印象を持ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 けれど、最近は銀行をバックボーンにして貸金業を行うケースも増えてきましたし、消費者金融でもグレーゾーンの撤廃により、明確な貸付利息を表示し、はっきりと貸し付けにかかる利息額を提示するなど、クリーンなイメージの構築及び、実際に明瞭な貸し付けを行うようになっています。

また、これまで漠然と借りるのが怖いところというイメージだったのは、消費者金融の店に行き、そこで実際にお金を借りるという行為にもあったと思われますが、今はカードを作り、それを専用の機械に通して使うことで、まるで自分のお金をATMから引き出すような感覚になりました。 返済は基本的にリボルビング払いという契約にしているところが多いものの、余裕資金ができた場合、臨時に返済して借入額を早期に減らすことも可能です。

そうした返済も、カードローンの場合は専用の機械とカードを使って行いますので、あまり係の人と接する機会はないと言えます。 傍から見ているとお金を借りているのか、はたまた自分のお金を引き出しているのかもあまりわからないため、借金をしているのを知られるのが嫌だといった思いも持たなくて済むでしょう。 計画的に利用すれば、支払う利息も大きな負担になることはないケースも多いため、カードローンについて知ることによって考え方が大きく変わると言えそうです。