見られるところは返済能力

カードローンでは審査があります。 この審査では、申込者の返済能力を確認するため返済能力がないと判断されてしまえば審査に落ちてしまい、融資をしてもらうことはできないでしょう。 では、どのような人が審査に落ちてしまうのでしょうか。

審査に用いられる情報には、個人情報の属性と信用情報の事故情報があります。 個人情報とは、申込時に記入した年収、職業、雇用形態、家族構成などの情報です。 もちろん年収が高く、大手で将来性がある会社で、安定した雇用形態ほど返済能力が高いと判断されます。

また、家族構成に至っては独身者、居住形態は持ち家の方が有利になるなどの特徴があります。 信用情報とは、信用情報機関に登録されている借入件数、借入額、返済歴などの情報です。 借入件数が多いほど他社への返済が考慮されて、返済能力が低いと判断されます。

また、他社への返済に遅れがある、滞納している場合は論外になります。 個人情報の属性はなかなか変えられるものではありませんが、信用情報に関しては借入件数が多い場合は完済をしてから申し込む等の対策が取れるため、信用情報でひっかかりそうという方は事前に対処しておきましょう。 また、利用していない他社のカードローン、キャッシング、クレジットカードも影響するため、使ってない会社があるのなら解約しておくことも必要です。 その他、上記に問題がないの審査に通らないケースとしては、申込書の内容に問題がある可能性がありますので、間違いがないように記入してください。