キャッシングやカードローンでは、基本的に61日以上か3ヶ月以上の延滞をする事で、信用情報に悪影響が発生します。貸金業者は融資を行う際に審査をしますが、その信用情報はいわゆる信用情報機関と呼ばれるCIC(シー・アイ・シー)やJICC(日本信用情報機関)、全国銀行個人信用情報センターにて閲覧をしているのです。そこに個人情報として延滞事故の記録があれば融資を断る事になるでしょう。 カードローンやキャッシングでは、ちょっとした事情で返済期日を過ぎてしまう事があります。単に忘れてしまう場合もあるでしょう。またお金が足りなくて払えない場合もあります。これらは悪意からではないのですが、それでも支払いは厳格に行わなければなりません。それが金融上の信用につながるのです。借金をする前には必ず無理のない返済プランを立て、節度のあるお金の使い方を心がけるべきでしょう。 ただし、返済期日を過ぎたからと言って、すぐに延滞事故の登録がされる事はありません。まず延滞発生直後にクレジット会社から連絡が入ります。そこで延滞理由を確認し、後日再引き落としか振り込みの約束がなされるのです。ですから、連絡が来た際は真実だけを話す様にしましょう。また支払いに関しても約束できる範囲内で相談をするべきです。『無い袖は振れない』という事を貸金業者も理解しています。それよりは嘘の約束で更に延滞日数を延ばす事の方が互いのリスクになります。もし約束を反故にすれば、その時点でご自身の状況は悪化するかもしれないのです。 そして、もし返済が先の日数を過ぎてしまって長期延滞記録が信用情報機関に残ってしまうと、ある一定の期間がブラック状態になります。CICの場合は5年間、JICCは延滞解消から1年間、全国銀行個人信用情報センターでは5年間の設定になっています。その間は新規のキャッシング・ローンが組めませんし、手持ちのクレジットカードも全て停止処分になります。つまりお金に困っても貸してくれる金融機関がなくなるという事です。