祝日でもお金を借りれる消費者金融はあるのか??

在籍確認ではどんなことを聞かれるのか?とハラハラする人も多いのではないでしょうか。 まず初めに朗報です。在籍確認される段階まで来るとほぼほぼ融資の審査は通った様なものなので、少し面倒ではありますが融資まであと一歩なので在籍確認をさらっとクリアしてしまいましょう! さて、在籍確認ってどんなことを聞かれるの?職場にばれないの?と不安で、「在籍確認が必要」という文言を見ると融資申し込みを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。 まず、在籍確認の流れを見てみましょう。

在籍確認は融資申し込みの時に入力した自分の職場先、所属部署があればその直通の電話番号に直接融資会社から電話がかかってきます。 大々は職場先に電話がかかってくる前に、自分の携帯に直接「何時ぐらいに電話かけますね」もしくは「何時ぐらいが都合が良いですか?」というように、こっちの都合を聞いてくれます。 ですので、必ず自分が職場にいる時間をあらかじめ伝えておけばその時間になってかかってきた電話を率先して取るようにすることで会社の他の人に電話に出られることもありません。 例え会社の他の人に電話を取られたとしても、電話を掛けてくる融資会社の人はその融資会社の名前を言わずに個人名だけで「田中(仮名)ですが、佐藤さんいらっしゃいますか?」という風にどの会社からの電話か知られることのないように配慮してくれますし、電話が終わったあとに職場の人に誰からの電話か聞かれても「新しくクレジットカード作ったからその在籍確認です」と言っておけば不審に思われることも、ばれることもありません。 クレジットカードを作るのは誰でもすることですし、クレジットカードの在籍確認はなんらおかしいことでもないからです。 さて、その在籍確認で聞かれることは以下の通りです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 自分が生まれた年の干支など
  • 大々の在籍確認はこれらだけ答えておけば終わります。 自分が生まれた年の干支などは、本人確認の為です。自分が生まれた年の干支は本人であればすぐ答えられるのが当たり前なので、それに答えられれば本人だと確認できるからですね。 干支を聞かれたり、自分の生まれた年の西暦もしくは和暦を聞かれたりと聞かれることは融資会社によってまちまちですが、自分本人であればすぐ答えられることしか聞かれないのでそこは安心して大丈夫です。 これらすべての質問に答えれば在籍確認は完了です。 どうでしょうか?何も難しいことは聞かれませんし、会社の人にバレる心配もありません。 在籍確認が完了すれば数時間以内に融資審査完了の連絡が来るはずですので、即日融資を希望される方は在籍確認を恐れることなくまずは審査を受けてみてはいかがでしょうか?