20歳以下の方

消費者金融では、原則として20歳以下の方には融資していません。つまり未成年者への融資はできないということです。というのも、未成年者には責任能力を問えませんので、仮に融資をして未成年者が返済ができなくなっても返済の催促をすることができなくなる可能性があります。よって、未成年者への融資はリスクが高いため、基本的には20歳以上の方を対象にしています。

親の同意があれば可能

未成年者への融資は原則不可能としていますが、それでも法律で規制されているわけではないので絶対に不可能というわけではありません。実際に中には18歳からを融資対象者に設定している消費者金融も存在しています。ただ、いずれにしても未成年者へ融資をする際には保護者の同意を取ることが条件となっています。

保護者の同意を貰わないまま契約させると、未成年者から融資を回収することが法的に規制される可能性がありますが、保護者の同意を貰っておけば、いかなる場合でも未成年者から融資を回収することが可能です。よって、未成年者が借り入れを受けるときには必ず保護者の同意が求められることになるでしょう。

無職の方

消費者金融に限らず、融資には返済があります。つまり返済できるあてがない方には初めから融資しないため、となると無職の方には必然的に融資はできないということになります。ただし、各社で求められる返済能力のレベルは異なるため、収入や収入源は一様ではありません。目安としては年収200万円以上が必要とされていますが、雇用形態はアルバイトやパートでも構わないとしているため、どのくらい稼ぎがあるのか、どのくらい継続的に稼げているかが重要になってくるでしょう。

不労所得でもOK

家賃、株、広告などの収入で生活をしている方は一般的には無職ですが、十分な収入と見なされれば、不労所得でも融資をしてもらえることができます。どこまで収入とみなしてもらうことができるのかは一概ではないので、各消費者金融に担当者に事前に確認しておきましょう。