カードローンの審査基準

従来、金融機関では安定収入がない専業主婦に対しては、カードローンの審査が通らないのが一般的でした。しかし、近年ではカードローン審査基準が以前よりは緩くなり、専業主婦でもカードローンの審査に通過するケースが増えています。しかし、金融機関の専業主婦カードローンでは、支払い利息が高くなる特徴が出てきます。支払い利息としては、年利で10%を超えることが珍しくありません。

そのため、専業主婦は返済の際の利息負担が重くなることを覚悟した上で、借り入れをする必要が出てきます。しかし、専業主婦でもできるだけ利息負担を減らすためには、早めに返済する方法を取ることが可能です。 1日でも早く返済する方が、利息の支払いが少なくてすむからです。次に専業主婦カードローンでは、借り入れの限度額も最低水準に抑えられることが多くなっています。専業主婦カードローンの限度額としては、30万円程度までとなる場合が多いです。

しかし、30万円の限度額があれば、急な物入りでも困らない状況を得ることができます。このように専業主婦では信用力が低いことから、カードローンの条件も最低水準に抑えられます。しかし、専業主婦であっても夫が給与引き落としなどで使っている銀行を選ぶと、カードローンの条件を良くすることが可能となってきます。銀行では夫の信用力を考慮して同じ家族である主婦に対しても、カードローンの条件を緩めることが行われることがあります。 したがっ て、専業主婦の場合には、夫の使っている銀行のカードローンにした方が有利となってきます。