キャッシングの審査では、本人確認の作業の中に必ず勤務先への確認電話を入れる様にマニュアル化されているものです。
いくら申込者が自分の収入に関して信頼性をアピールしても、それは口先だけの可能性があるからです。
そこで手っ取り早く確認する方法として、勤務先に電話して在籍の確認をするのです。
つまり、基本的にはキャッシングを申し込んだ際は会社への連絡が入る事になります。

ですが、貸金業者はキャッシングの審査を勤務先に告げる事などありません。
申込者の個人情報を他人へ漏らさない様にコンプライアンスとして義務付けられています。
もしその電話のせいで、申込者のキャッシング申し込みの事実が知られた場合は、個人情報保護法によって損害賠償をする事も可能でしょう。
そういった意味で、貸金業者のスタッフの方が申込者の勤め先に電話をする場合、友人や知人を装って『○○さんをお願いできますか?』程度の話をしています。
それですぐに本人が出れば良し、もし電話口に出れなくても深追いはしません。
その会社に在籍している事が分かれば、上手に電話を終わらせるノウハウをもっています。
ただし、職場によっては普段社員の電話呼び出しが必要のないところもあります。
そんな職場に申込者を呼び出す電話があれば、それだけでいらない詮索をされる事でしょう。
ですがこの場合も心配がいりません。職場連絡なしでキャッシングに申し込む方法もあるのです。
それはWEB完結による申し込みです。この方法でならば、申込者に社会保険証か組合保険証があれば認めてくれるケースもあります。
もちろん、職場連絡がないとは言い切れませんが、比較的に勤務先連絡を行わずに済む場合がありますのでお試しください。

そして会社バレの危険性を更に低める方法として、貸金業者にその旨をしっかりと相談するのは有効です。
そもそもキャッシング審査の職場連絡は、審査の最終場面で必要となる手続きです。
目的は登録した職場の存在と在籍確認だけです。
わざわざ利用者の信用問題になる様な行動は避けるのが常識です。
ですから申し込み時にこの点をしっかりと相談し、間違えのない様に念を押すと良いのです。