キャッシングのデメリットは、住宅ローンや自動車ローンなどの借り入れと比べると、金利が割高に設定されていることがあげられます。
キャッシングを取り扱っている金融機関には、銀行や消費者金融、信販業社など様々な機関があり、金利設定も利息制限法に基づいて多種多様です。
一般的には、借入金額が大きくなると金利は低くなることが多いのですが、少額の借り入れの場合には、どこから借りても実質金利が18%程度になってしまうことが多く、金利が高いという点はキャッシングのデメリットと言えます。

また、使用目的が制限されていないキャッシングは、必要な金額よりも少し多めに借りることができますし、ついつい借りすぎてしまうというデメリットもあります。
返済能力を考えずに、ただお金が必要だからと借りてしまうと、借入が雪だるま式にどんどん膨らんでしまう可能性があり、最悪の場合には多重債務者になって返済で苦しむことにもなりかねません。
このデメリットを防ぐためには、借りる前に返済できるかどうかを自分自身で計算して、計画的に借りることが必要不可欠です。
金融機関のホームページの中には、借入シミュレーションとして、いくら借りたら毎月の返済がいくらになり、完済までどのぐらいの期間になるのかを計算できる機能がついていたりするので、上手に活用して計画的に借りてくださいね。

さらに、ほかの借り入れ商品と比べて金利が高めに設定されているため、返済までの期間が長くなりやすいというデメリットもあります。
前倒しに返済していくことができれば、最終的に支払う利息の金額を少なく抑えることができますが、返済していてもまったく元本が減らないという事態も少なくありません。
今すぐにお金が必要という時には、複数のキャッシング商品を冷静に比較する時間も余裕もないかもしれませんが、もしも借りた後によりおとくな借り入れ商品を見つけた場合には、借り換えという方法も検討することで、できるだけ金利を抑えて支払う利息を減らすことができます。