キャッシングを利用する際に知っておきたい法律には、「総量規制法」があります。
これは、貸金業法で制定されている法律の一つで、貸金業法が適用となる消費者金融や信販系の金融会社からの借り入れすべてが対象となります。
総量規制法は、自分の収入の3分の1を超える金額を借りることができないというもので、まとまった金額の借り入れを申し込むと、総量規制に該当する額とならないかを確認するために収入証明の提出を求められます。
例えば、年収が300万円の人なら、貸金業法が適用される金融機関からの借り入れは100万円以内ということになるわけですが、1社からの借り入れだけではなく、すべての借り入れの合計金額が収入の3分の1となります。
複数から借り入れている人は、新規にキャッシングを申し込む時にはこの部分で引っ掛かって審査落ちになってしまうことがあるので注意しましょう。

また、利息制限法も知っておきたい法律です。 この法律は、金融機関が利用者から利息を徴収する際に、かけることができる金利の上限を定めている法律で、借入金額によって利息の上限が異なります。
これは借入金額が10万円未満の場合には、年利は20%までと決められていて、100万円未満なら18%まで、それ以上は15%を超えない金利でなければいけません。
キャッシングを申し込む時には、金利が少しぐらい高くても今すぐに貸してくれる所を探す人が多いのですが、この利息制限法で定められた金利よりも高い金利をつけている業者は、弁護士に相談すれば払い過ぎた利息分を返還してもらうことができます。
過払い金と呼ばれている払い過ぎた利息分は、最後に返済した時から10年で時効となってしまうので、過払い金があるかもしれないという人は弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

その他、無計画にキャッシングをしてしまい、返済することが難しくなってしまった人や、返済額が生活を圧迫するようになり、返済したくてもできないという人は、債務整理や自己破産などの法律に基づいて借り入れを整理することができます。
万が一のために知っておくと便利ですね。