消費者金融系と銀行系カードローンの違いについて

返済方法にも無理がなく、用途も自由で気軽に利用しやすいのがカードローンですが、消費者金融系と銀行系に分かれていてそれぞれメリットやデメリットがあります。消費者金融系と銀行系との違いは銀行のグループ会社が運営しているかどうかです。最近では大手の銀行でも新たな収益を出す展開としてカードローン業界に乗り出す企業が増えています。

銀行系カードローンの特徴とメリット、デメリット

銀行系カードローンは消費者金融系と比べると金利の安さが魅力的で10%近く差が開く事もあります。また、提携先銀行口座を利用する事で様々な特典やサービスを受ける事が出来るのもメリットとしてあります。また、銀行系カードローンの最大のメリットとして総量規制外となる為、年収に制限がないので非常に利用しやすくなっていますし、銀行系はイメージも悪くない為、周りを気にせずに利用出来ます。デメリットとしては消費者金融系に比べて審査が厳重に行われますので厳しめです。金利が安くて年収制限もないので厳しめになってもおかしくはありませんが、審査さえクリアすれば利便性が非常に高くて重宝するかもしれませんね。

消費者金融系カードローンの特徴とメリット、デメリット

消費者金融系カードローンの魅力は即日融資の希望方向けに審査スピードの早いサービスがある事です。お金がいきなり必要になる場面は生活上多々あるかと思いますが、そんないきなり必要になった時に便利です。メリットとして銀行系に比べて審査に通りやすい事です。また、銀行やコンビニなどで提携したATMでも利用出来たりと非常に便利な事でも人気です。消費者金融系のデメリットとして、銀行系に比べて金利が高めであり、総量規制が適用されるので年収制限がある事です。どれだけ年収があったとしても融資上限が年収の3分の1までと決まっているのが一番のネックと言えるでしょう。また、消費者金融系は段々とイメージが良くなってきてはいますが、昔の印象からかイメージが悪く、周りの視線を気にして利用する方も多くいます。