キャッシングの審査で有利になる?職業について

キャッシングを利用するための最低限の条件は、仕事を持っていて安定した収入があることです。 消費者金融は貸したお金を確実に返済してもらわないといけないので、安定した収入があることがもっとも重要な条件となります。

上記の条件を満たしていればアルバイトやパート、契約社員など、正社員以外の形態で勤務している方でもお金を借りることが出来ます。 職業については勤続年数も審査で非常に重要なポイントで、勤続年数が長ければ長いほど審査では有利です。

これは、同じ職場に長期間勤務している人ほど会社での立場が強く、リストラなどのリスクが低いと考えられるからです。 逆に短期間でいくつも職場を変えている人や日雇いのバイトをしている人などは安定性がないという評価を受けてしまうので審査では不利になってしまうことがあります。

こういった理由から公務員は非常に高く評価されます。 公務員はリストラの心配がまず必要ありませんし、給料も法律によって定められているので急に収入が途絶えてしまうということが考えづらいからです。 逆に離職率の高い水商売などは審査で不利となることがあるので注意しましょう。