おまとめローンって?

おまとめローンはローンの一本化とも言われますが、その通りで現在複数の借入先がある場合、借入先を一つにまとめる事を言います。返済先が一つになるので返済日が管理しやすかったり、手数料負担が少なかったり、金利が安くなったりするので完済までの距離が近くなる事も可能とされています。

一般的には返済がきつくなると検討する手段ではないかと思います。また、おまとめローンか債務整理で悩まれる方が多いです。 おまとめローンを扱う金融機関には消費者金融もありますし、銀行もあります。どちらが良いのかは総合的に判断するしかありません。

おまとめローンの見落としがちなデメリットとは?

おまとめローンがどのような時に利用される手段なのか分かったところで、次に見落としがちなデメリットを見ていきましょう。 借金の返済額を安くするつもりが、反対に返済額が増える場合があったりします。

おまとめローンとは返済先を一つにして一つの借入先からは借金額は大きいものの、金利を安くして負担を少なくするものですが、金利の度合いによっては返済額が増える可能性もあるということです。

一番ありがちの見落としがちなパターンとしては毎月の借金返済額は減ったものの、返済期間が長い分、利息として支払っている金額をトータルすると結局はおまとめローン前の方が少なかったというパターンです。毎月の返済負担が減ると一見楽になるので得をしたと勘違いしまいがちですが、そんな事もあり得るので注意が必要ですね。

どちらが良いというわけではありませんが、トータルで考える事でおまとめローンをしていいのか悪いのかが判断しやすいと思います。