ほとんどの消費者金融では、無人契約機で契約することができます。最近はネットからでも契約することができますが、無人契約機では直接オペレーターとやりとりをしながら契約手続きを進めることができるので、ネットからよりも早く進められるというメリットもあります。 そこでここでは、無人契約機でキャッシングする時の流れとその時に必要な書類、そして営業時間を確認しておいて、スムーズにキャッシングを行えるようにしておきましょう。

無人契約機の流れ

まず、無人契約機でキャッシングする時の流れです。 無人契約機に入るとモニターと椅子があり、まず椅子に座ります。するとモニターに案内が表示され、案内通りに操作を進めていきます。 ある程度のところまで操作を進めていくと、「備え付けの電話をお取りください」と表示されるので、受話器を取るとオペレーターと会話をすることができます。 さらに詳しい話を聞いたあと受話器を置くと、コピー機の様な物から書類が出てきて、それに記入します。

最初の書類は申し込み用紙で、名前や住所、電話番号、年収、希望借入額、他からの借入額があればそれも記入します。 記入後はコピー機の読み取り部分にその書類を置くと、読み取られてオペレーターの方に送られていきます。

免許証などの身分証や収入証明書が必要な場合は収入証明書も同じ様にオペレーターの方に送信します。 これらの手順は全てモニターに表示されますし、わからなければ受話器を取ればオペレーターに直接聞くこともできます。 この手順を踏んで審査に通ると、無人契約機から出たところにあるATMからキャッシングすることができるようになります。

必要書類

無人契約機でキャッシング契約をする時の必要書類は、上にも書きましたが運転免許証などの身分証明書と収入証明書が必要な場合は収入証明書も持って行かねばなりません。

最近では〇〇万円以下は収入証明書が必要ではないなどというところも多いので、事前に各消費者金融の公式サイトなどで確認しておくと良いでしょう。 それでも不安であれば収入証明書も一緒に持っていくのが無難です。

営業時間

最後に営業時間ですが、無人契約機だから24時間営業時間だと思われている方も多いのではないでしょうか。 無人契約機とはそこにオペレーターがいないだけで、電話越しにはオペレーターがいます。 オペレーターに24時間対応させるのはなかなか難しいのか、24時間対応の無人契約機はほとんどありません。

それぞれの地域の店舗によって営業時間が異なる場合もありますので、事前に公式サイトで自分が利用したい店舗の営業時間を調べておくと良いですね。 また、年末年始は営業していないところも多いので要注意です。

無人契約機の流れをご紹介しました。 各社によって違いはありますが、大体の流れは変わりません。 それよりも必要書類さえあれば契約はスムーズにいきますので、忘れずに持っていきましょう!