専業主婦でもお金を借りたい・銀行系カードローンでお金を借りよう

原則として収入のない人はお金を借りることができない

総量規制という言葉をご存知でしょうか。 総量規制を簡潔に説明すると「個人の年収の3分の1までしかお金を借りることはできませんよ。」という内容です。 収入のない専業主婦がお金を借りるためには夫の同意と住民票と夫婦関係を証明する書類が必要となるので、 とにかく夫のさじ加減で借り入れできるかが決まってしまうという事になります。

総量規制が定められた理由

昔は返済の当てもないのに誰でもいくらでも好きなだけお金を借りることができるという状況にありました。 今考えると信じられない状況ですが、実際に昔は誰でもお金を借りることができたのです。 当然のことながら多額の借金を抱えて返済しきれない人が続出して総量規制という法が定められる運びとなりました。

銀行系カードーローンなら専業主婦でもお金を借りることができる

よくCMなんかで流れているような有名な大手消費者金融なんかは上記に記載した総量規制に引っかかってしまいます。 じゃあどうしたらいいの?という話になってしまうのですが、安心してください。 銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっていて、全く収入がない専業主婦でもお金を借りることができるのです。 夫の同意や住民票や夫婦関係を証明する書類などの提出物も必要なく自分の名義で身分証明のみで審査を受けることができます。

なぜ銀行系カードローンなら専業主婦でもお金を借りられるのか

答えは「借入の限度額によって審査の内容が変わる」からです。 収入が全くない専業主婦でもそう言った人用の審査の枠が存在するので、 その審査に通過すれば晴れてカードローンでキャッシングできるようになるわけですね。 まずどれだけお金を借りたいかによりますが、当然ながら大きな金額を収入のない人に貸してくれるわけはないので、 少額の融資であれば何とかなるといった具合です。

銀行系カードローンを利用する際の注意点

銀行系のカードローンを利用する際に注意しなけれはならないのが、その銀行の普通口座が必要になる場合があるということです。 毎月1回ある返済なのですが、その普通口座に入っているお金を引き落とすという形になる場合があるので、 その金融機関の口座を新たに開設しなければならないこともあるということです。 ちなみに既に口座を持っている場合であれば、今あるキャッシュカードをカードローン化することも可能です。