友人や親戚の結婚式や葬儀が重なった!ご祝儀や御香典で財布がピンチ!

普通に生活していても急な出費が続くことってあると思います。 趣味に使うお金どころか生活費を切り詰めてもお金が足りないなんてことも・・・ 普段生活していてかかる費用は人それぞれ違いはありますが、家賃・食費・光熱費・携帯ネットなどの通信費・移動費、etc。 生活費内訳を見てももう削れるところがないしどう考えてもお金が足りないって時はみんなどうやって乗り切ってるの? そんな疑問にお答えしましょう。

金欠を乗り切る方法は大きく分けて3つ

①支払いを滞納する

人間食事を摂らないとさすがに生きていけないので、食費をゼロにするということはできません。 そこで生活費の一部である電気代やガス代などの光熱費や家賃などの毎月支払うべき出費を来月に引き延ばすという方法があります。 電気代やガス代は1ヵ月支払いしなくても急に止まったりはしませんし、家賃を1ヵ月滞納してもいきなり退去通知が届くということもありません。 なので、本当に今月だけは厳しいという時は使える方法ですが、 ただ既にこの方法を使っている場合は2ヵ月連続で使うと生活に支障が出てきます。 そしてこの方法を多用すると、支払いを滞納した各機関で要注意人物としてブラックリストに入ってしまうことがあるので注意が必要です。

②日払いのバイトなどで短期で稼ぐ

二つ目の方法は日払いのバイトです。 この方法が一番堅実でリスクもない方法ですが、都合よく日払いで雇ってくれるバイトがあるかどうかが問題です。 バイトの時間帯や本業との兼ね合いもあるので現実味があまりないのですが、 もしもタイミングよく日雇いでできるバイトが見つかれば一番良い方法でしょう。

③お金を借りる

最終手段は借金です。 家族や友人にお金を借りる場合は相手との信頼関係が必要で、自分を信頼してお金を貸してくれる人がいるのであれば、 恥を忍んでお願いするのも一つの手です。

しかし、そういった交友関係もなく、途方に暮れているという人におすすめなのが消費者金融などのキャッシングです。 あまり良いイメージがないという人も多いかと思いますが、今月お財布がピンチという時に一番現実的な方法で、 実際そういったシーンで利用する人はかなり多いのです。

○日以内に返済すれば無利息など借りたことによるデメリットが殆どない金融機関もありますし、 今月だけはお金が足りないので借りたいという時にはおすすめです。 いざ借りるとなると審査が必要ですが、審査自体はそれ程時間のかかるものではありませんし、 審査に通ってしまえばその日の内にお金を借りることができる場合もあります。